一 有機過酸化物
二 硝酸エステル類
三 ニトロ化合物
四 ニトロソ化合物
五 アゾ化合物
六 ジアゾ化合物
七 ヒドラジンの誘導体
八 ヒドロキシルアミン
九 ヒドロキシルアミン塩類
十 その他のもので政令で定めるもの
十一 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

2009年12月03日

硝酸エチルの性質

硝酸エチル
C2H5NO3
無色透明の液体
甘味があり芳香臭を持つ
比重 1.11
引火点 10℃
蒸気比重 3.14
沸点 87.2℃
爆発しやすい物質である
日光をさけて貯蔵する
容器は密栓して冷暗所に
火災(爆発)時の消火は困難←これは、第5類一般的に言える性質ですね。酸素を含有しているため、窒息消火などもできません。

水にはわずかに溶ける
アルコールに溶ける


水より重く、蒸気比重も空気より重い、水にはわずかにとけアルコールによく溶ける。無色透明で芳香臭があり。あとは、第5類一般の性質とだいたい一緒。引火点などの数値はできるかぎり覚える


危険物乙種総合自習室 のほうもアップしてるので参考にしてください。↓
乙種総合自習室 硝酸エチル


【関連する記事】
posted by 亮庵 at 11:19| 硝酸エステル類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

ヒドラジンの誘導体の種類

試験に出題されるヒドラジンの誘導体は

硫酸ヒドラジン

のみです。

他にも、

  • 非対称ジメチルヒドラジン
  • 臭化水素酸ヒドラジン
  • チオセミカルバジド

など多様な物質が存在しますが、
試験対策には、硫酸ヒドラジンを覚えましょう。

ヒドラジンの誘導体:google-image

ヒドラジンの誘導体:Yahoo!

ヒドラジンの誘導体:google


powered by fpvl.net






posted by 亮庵 at 18:01| ヒドラジンの誘導体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ジアゾ化合物の種類

試験に出るジアゾ化合物は

ジアゾジニトロフェノール

のみです。しっかり覚えましょう。
ジアゾジニトロフェノール:google-image


ジアゾジニトロフェノール:wikipedia





posted by 亮庵 at 05:36| ジアゾ化合物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。